会社概要

会社概要

会社名 株式会社BRAINACTZ
事業内容 訪問看護業界のメディアサービス
許可・届出受理番号 12-ユ-300658
e-mail info-kango@brainactz.com

なぜ訪問看護が必要なのか?

急速な人口減少社会、ワークフォースの減少、超高齢化を考えたときに、医療の形は大きく変わると感がています。そして未来の日本の為には在宅医療が切って切り離せない大切な役割を果たすと考えております。

変わりゆく医療の為に、私たちは訪問看護に関わる全ての皆様(看護師様や採用担当者、そして利用者も含め)の力になりたいと考えています。 特に訪問看護で「働く」「採用する」といった悩みに関しては、私たちの訪問看護JOBSだけ見れば、何も心配がないと思われるよう、しっかりと情報インフラを構築していこうとしています。

なぜやるのか

人口減少が進み、病院数も減り、そして高齢化が進み各地域によって適切に医療が受けにくい環境が生まれています。
私自身も人口減少が進んでいるエリアに足を運び車を走らせ病院や施設の方と沢山話をしてきましたが、これからは訪問看護が医療を救うと言っても過言ではないと皆さんおっしゃっていました。
しかし訪問看護の認知も低く、それらを伝える方法もなかなかない現状だと聞きました。 それであれば、微力ながら力になることはできないのか?

自分の両親も近い未来同じ境遇になります。 私自身もその先に同じ境遇になります。 医療を受ける事ができるという、安心できる生活。この当たり前を、皆さんの協力をもらいながら叶えたい。 そんな思いでこのサイトを作りました。

できることから環境の為に。Brainactzはペーパレス化を推進しています。

日本の紙の消費量は年間2.731トン(2013年)で、これは中国、米国に次いで第3位*です。それだけ文明的な生活をしている、ともいえなくはありませんが、現在では、紙の消費が森林の伐採につながり、環境破壊を引き起こしていると考えるのが自然でしょう。
※出典元:経済産業省「製紙産業の現状と今後の方向性」資料

DIY研修や家具製作をする弊社においては特に環境問題を気にしなければいけません。「木や資源を大切にしなさい、もったいないよ。」と子供達にDIY研修をしているにも関わらず、大人が守らないということは考えられません。

小さな一歩かもしれませんができることから1つ1つ。
ご迷惑をかけることもございますが、ご協力をお願い申し上げます。