緊張を落ち着かせるヨガの呼吸法を教えてます!! 

緊張ばかりする……こんな悩みを持っていませんか?

ドキドキ……ドキドキ……
あー、緊張する……。
今日のプレゼン上手くしゃべることができなかった。
初めての利用者さんの所に行くの緊張するな……。
患者様に怒鳴られて、なんかドキドキが止まらないな。

看護師の仕事は新しいことだらけ。
緊張の連続です。良い緊張と悪い緊張があるのですが
よっぽどのスポーツ選手でもない限り、一般の人の緊張はほとんど悪い緊張ですw
つまりその緊張感が絶妙なテンションになり最高のパフォーマンスを与える!!
なんてことはなくて、たいていは緊張をしてしまうとそりゃ失敗します。

心拍数が上がるから、ドキドキするし。
ドキドキするから頭は回らないし。
そして声も震えるし、結果伝わらないから冷たい目で見られて
さらに悪循環……。

わかります、その気持ち。

私も元々緊張に強いタイプではなくて、気が付くと頭が真っ白になっちゃうタイプなんですよ。
でもいつの頃からか、緊張に強い、もっと言えば心を強くすることができました。
それが1日5分の呼吸法なんですよー。
だまされたと思って毎日5週間やってみてください。
日々日々、ほんの少しの変化を感じられるのはもちろんなのですが
5週間やってみると、自分の心を上手に制御できるようになるんですよ。

まずそもそも、なんで緊張しているんだ?って所から話した方が
納得感が高いと思います。

緊張の正体は実は呼吸の短さなんですよ。
緊張すると、呼吸が短くなっていつもだったら「すーーーー、はーーーー」だったのが
「すっはっすっは」みたいに短くなってしまっているので
頭にも酸素が物理的にいかなくなってしまう
のですよね。

このあたりは看護師の皆さんもお詳しいと思います。

なので、シンプルに緊張したら「呼吸を整える」ことが重要です。
実は前にこの講義をしたときに
「あ、先生!!わかりますよ!!ロングブレスダイエットですね!!」と言われたのですが
それは違いますwww

あれば息を出し切って、腹筋を使いましょうって話です。
今回は緊張しない、心を整える為にやるので、ロングブレスダイエットではないですw

やり方は簡単です。
まず人間のストレスは視界からなので、出来る事なら目を閉じてください。
仕事中で目が閉じれないときは呼吸に集中しましょう。

心を整える呼吸法

① 目を閉じます
② 4秒~8秒ゆっくり鼻から息を吸ってください(苦しくなったら駄目ですよw)
  あくまでリラックスして息をたっぷり吸います。
  実は慣れていないと、ゆっくり息を吸うってこんなに大変なのって思いますww
③ たっぷり息を吸ったらまた「ゆっくり」6秒~10秒つかって息を口から吐いてください
  空気を吐ききることが目的ではなく、リラックスしゆっくり空気を吐くことが目的です
④ これを3セット、時間があるならマックスで5セットやってみましょう

これだけですか??
はい、これだけです。

これ一度やってみてください。
まずゆっくり息を吸うことを日頃していないので、
多分すぐに鼻から息を吸ってしまうと思います。

ポイントはゆっくり吐くこと
苦しくなることが目的ではなく
あくまでゆっくりとたっぷり鼻から息を吸い、ゆっくりたっぷりと口から息を吐きます。

これをするだけで、まず呼吸が整うので、
いわゆる緊張状態から少し解放されることが可能となります。

この呼吸を8週間続けるだけで、うつの症状が改善したという事例もあります。

それくらい実は呼吸というのは体にとって大きな影響を与えます
逆にたったこれだけの事で、緊張を開放し、心を整えることが可能となります。

もちろん、緊張するのはちゃんと勉強していないとか
ちゃんと仕事を終わらせることが出来ていないから
という本末転倒なケースがあるのも事実ですが、
まずは日々の心を整えることを準備しておきましょう。

こんな1日5分のことでさえもできない環境にいる看護師がいたら
求人探してもいいかもしれませんね……。
「看護師 求人」で探せば沢山あるのは事実です。
まずこの呼吸をやれる環境なのか?やってみても、心が整わないときには
新しい環境を探してみてもいいでしょう!!

その他のおすすめ記事