驚愕!!年収/月給/時給から考える転職に大切な看護師/訪問看護師の給与の上げ方を考える

◆月給だけをを見ていたら、実は「お給料を上げるには」損しているかも!?!?

月給だけを見ていたら、実は給料が下がっている転職かもしれません!

「やったー!!月給が4万もあがったぞ!!転職活動は成功だ!!」と思うかもしれませんが、その考え方ちょっと待ってください!!実はこのお給料の考え方って物凄く大切で、考え方を知らないと悪い表現をしてしまうと、看護師/介護士様の転職活動も「騙されて」しまう可能性もあります。これはとっても残念な事なのですが、実際に私もお給料マジックに騙されてしまった看護師様とお話しした事も少なからずあります。給与が上がったように見せる方法が逆に言えばあるという恐ろしい話なのです。。。

なので看護師/訪問看護師様に限らずに転職するときは、このお給料アップの見せ方マジックには騙されないように要注意してください。本日の講義のポイントはまさにココ!!看護師様の給料を上げるにはどうすればいいのか?を徹底解説してきたいと思います!!

それでは講義のスタートです!!

1:年収/月収/時給、転職活動でポイントになるのはどこ?

お給料は多いほうが良いですよね?お給料をあげる為に転職活動をすることも、大切な転職条件になります。給料以外が同一の条件であれば、絶対に給料は高いほうが良いです!!ただし同一の条件でないのであれば、お給料だけで転職活動をしてしまうと失敗してしまいます。

転職活動はやればやるほど、転職自体が理由になってしまって、なぜ転職しようと思ったのかという一番大切な理由を忘れてしまうのです。

冷静に考えて、「なんの為に給料を上げるべきなのか」を考えることはとても重要です。給料が上がっても日々の生活がつまらなくなったり、時給換算したら給料が下がっていた!?実はこんな事も珍しくありません。せっかく看護師/訪問看護師の給料を上げるには転職だ!!と病院や施設の求人を探していても、成功する可能性は低くなってしまいます。

さて大切なお金の話なのですが、年収/月給/時給と考え方があるのですが、看護師/介護士様が給料を上げるために転職活動をする際は、どこをポイントに考えればいいのかお伝えしていきましょう。

ズバリ給料を上げる転職活動で気にすべきは「年収」と「時給」です。特に賞与に関する考え方に誤解があると転職活動が失敗するケースが多いです。

いやいやいやいやwww「のーちー先生、さすがの先生と言えど間違ってますよね?月給が上がれば、給料が上がるって事なので年収が上がりますよね?」と思ってしまいすよね??まさにココがトリックなのです。

せっかくお給料を上げたくて看護師/介護士様も転職しようとしているのに、このトリックで騙されてしまうケースも少なくありません。次の章でこの給与アップのトリックをたっぷりと講義していきましょう!!

2:月収があがるのに、年収が下がるトリック教えます

月収が上がるなら、そりゃ年収は上がるよね??と思ってしまうのですが、特に看護師/訪問看護師様は月給の内訳というのがあるのです。この内訳がまさに肝になりトリックが生まれる所です。病院や事業所によって多少の違いがありますが、絶対に覚えておいて頂きたい事・・・それは・・・

賞与は基本給に対しての掛け算になります。同じ月給30万としても”内訳次第”では賞与額は大きく変わります。

んんん??どういう事なんだ??と看護師様も介護士様もなってしまいますよね??よければ皆さん、給料通知をみながら進めていくとイメージが湧きやすいと思います。例えばよくあるケースで考えてみましょう。
給料の内訳イメージ

総支給額:30万円

■給料内訳

基本給:20万円

資格手当:5万円

危険手当:5万円

例えば賞与が3か月分だとしましょう。そうするとよく聞くのが「やったー!!30万×3か月分だから90万が賞与だ!!」と思われがちですが、賞与は基本給に掛け算する事が一般的なのでどうなるかと言えば・・・

「基本給20万×3か月分=60万」が賞与の金額になります。つまり月給が高いからと言って、必ずしも賞与が高くなるとは限らない事は要注意してください。例えば同じく「賞与3か月」で「月給30万」ですが、内訳が異なるケースを考えてみましょう。
【CASE2】給料の内訳イメージ

総支給額:30万円

■給料内訳

基本給:10万円

資格手当:15万円

危険手当:5万円

もう今なら賞与がいくらかわかりますよね?そうなのです、「基本給10万円×賞与3ヵ月=賞与額30万」が看護師/訪問看護師様に支給される金額になります・・・「え・・・まじっすか?」とか「確かに・・・なんか賞与低いといつも思っていた・・・」と思った方もいると思います。これぞまさにトリックなのです。事実このような見せ方をして「月給毎月50万、賞与4か月」と広告をみたら「おおおお!!これはお宝求人だ!!」と思うかもしれませんが、このようなトリックをしている所があるのも事実なのです。看護師/介護士の給料を上げるという気持ちに便乗した大人のテクニックなのですwww

重要なのは月収ベースで考えるのではく、年収ベースで考える事。月収が高すぎるケースは必ず内訳も確認しましょう!!

とは言えですよ・・・転職活動をしていて面接官に「お給料の内訳を教えて下さい!!」と看護師様が聞くのはなかなか難しいのも事実ですよね?その為に、私のようなキャリアデザイナーがいるので、看護師/介護士の給料を上げる為に、お仕事探しでお困りのことがありましたら、厚生労働大臣の認可を貰っている看護/介護求人JOBSにお任せください!!
なるほど!!月給だけで考えて転職してはいけない理由はわかったぞ。でも時給も考えてってどういう事だろう?それを次の章で講義していきますね。

3:月収は下がってるのに、時給が上がる事なんてあるの?

至極当たり前な質問をしていきましょうかww例えば「月給28万円」と「月給24万円」どちらが給料が高くて魅力的ですか?とここだけの問いをすれば、当たり前にほとんどの方が「28万円!!」と言うと思います。それは間違いなく私もそうですwww

ただここも同様にトリックがある事と「今回の転職の理由」をセットで考えていかなければいけません。もしかしたら月給が下がったとしても、看護師/訪問看護師様にとって「転職成功した」とか「満足度があがった!!」というケースが沢山過去にも実績があるのです!!それを知る為の指標が「時給」になるのです。こちらも具体的な例をお伝えしてきますね。

【CASE1】月給28万円で20稼働日だった場合

前提:実は月給には見込み残業が含まれていて、暗黙の了解で11時間毎日働く必要がある

1:28万円で11時間勤務の20稼働日
2:28万/20稼働日=日給は4000円
3:日給14,000円/11時間労働=時給1272円

最近ではこの見込み残業と言って、すでに月給に残業代が組み込まれているケースもあります。もちろん早く帰ることができれば問題ないのですが、逆に「見込み残業払ってるんだから残業するのは当たり前だよね?」となかなか怖い発言をする事業所があるのも聞いた事あります・・・つまり月給は28万でも時給としては1272円という研鑽になりました。では24万で同じく稼働日が20日のケースを考えてみましょう。

【CASE2】月給28万円で20稼働日だった場合

前提:見込み残業はなく、残業代は10分単位で法廷通りに支給する。勤務時間も8時間

1:24万円で8時間勤務の20稼働日
2:24万円/20稼働日=日給12,000円
3:日給12,000円/8時間労働=時給1,500円

実は月収で考えればお給料が高いCASE1の「月給28万」ですが、時給で見るとCASE2の方が実は高いことになります。結構意外じゃないですか?時給で言ったら228円も違うのは結構大きいですよね?例えば同様に3時間残業したとするとCASE2では「1500円×3時間×20稼働日=9万円、、、つまり24万+9万の月収33万」に変わるのです。あら不思議、月収が低かったCASE2の「月収24万」の方が実収入としては増えるのです!!

つまりお給料を上げる!!を考えているときに、一番シンプルに早いのが転職なのは間違いありません。

ただ、看護師/介護士様もお給料をあげたいのは「年収」なのか?「月収」なのか?「時給」なのか?そして転職の目的は本当にお金なのか?を考えながら決めていかない限りは、実は結果的に給料が下がってしまったり、単純に転職失敗してしまうケースもあります。

考え方としてですが、例えば「家族との時間」を大切にしたい看護師様様がお給料を維持したまま転職したいと思ったら、年収としては下がっているけど、時給が上がってかつ「家族との時間」を持てるようになったのであれば、それは転職活動成功と言えます。

逆に言えば例え給与アップしたぞ!!と年収が上がっても「家族との時間」が結果とれなかったり、時給が下がっているのであれば、転職ニーズも叶えられず、効率よく働けていないので転職活動は失敗したと言えるでしょう。

ここで考えなければいけないこととして、キャリアビジョンもあります。1年目は今よりもちょっと下がっても、3年目以降は経験加算で給料が増えるケースもあります。

転職は慎重に!!なんてワードもコマーシャルでありましたが、まさにその通りで転職の理由からこのような細々とした計算をして、どこに転職することがベストなのか?を考えることが大切ですね。

でも一人で考えるのは猛烈に難しい……その通りだと思います。そのために、私がいます。転職したい。お給料を上げたい!!と思ったら、アンケートにお答えして頂ければ、素敵な転職のサポートができますと。一緒になんの給料を上げるべきか考えましょう。ライフプランと一緒に考えて素敵な転職にしましょうね!!

その他のおすすめ記事