【大阪市住之江区】にある訪問看護ステーション一覧から理想の求人を探す

●大阪市住之江区にある訪問看護ステーションで働く魅力って?

 

大阪市住之江区にある訪問看護ステーションの求人を探している看護師/理学療法士はいませんか。 自分が住み慣れた街、憧れている街の地域医療に貢献したいという思いから、訪問看護ステーションの求人を探している看護師/理学療法士が増えています。

大阪市住之江区は、商業施設が集まる海辺エリア、高層マンションが立ち並ぶ都会エリア、工場が多くある工業エリアなど、さまざまな顔を持つ街です。大阪湾に面していながら交通網は便利で、子育てもしやすいエリアです。住之江区は、都会の利便性を持ちつつ、海辺でリラックスできる雰囲気もあるため、幅広い世代にとって住みやすいといわれています。

住み慣れた街や、憧れている街で求人を探すのであれば、簡単に理想の訪問看護ステーションが見つかると考えがちですが、看護師/理学療法士と話をしていると、思いのほか転職活動がうまくいかず、転職活動が止まってしまっている方も少なくありません。 なぜこのような状況になるのでしょうか。

それは納得感が著しく下がってしまい、「大阪市住之江区の訪問看護ステーション求人であれば他にもっと良い求人があるはずだ」と考えすぎてしまい、理想の訪問看護ステーションの意思決定をすることができないのです。

なぜ他にもっと良い選択肢があると思ってしまうのでしょうか。それは大阪市住之江区の訪問看護ステーション市場を知らないからです。市場を知らなければ、他にも候補があると思ってしまいます。

例えばメニューのない飲食店に入ってしまえば、何を注文して良いか分かりません。 周りの方が、オムライスを食べていたり、ハンバーグを食べていたり、ビーフシチューを食べていれば、自分がカルボナーラを注文したとしても、他にもおいしいものがたくさんあったのかもしれないと感じてしまうでしょう。感覚的にはこの感覚に転職活動はよく似ています。

つまり転職活動で大事な事はまず最初に大阪市住之江区の訪問看護ステーション市場を知り、求人市場を知ることになります。今回は、そんな住之江区についての情報を詳しくご紹介していきます。住之江区がどんなところかはもちろん、このエリア内にある駅から通勤可能な駅への交通アクセスや所要時間、街の住みやすさなども併せてご紹介します。住之江区へ転職や引越しを検討中の看護師/理学療法士はぜひ参考にしてみてください。

 

●大阪市住之江区に詳しくなろう

 

訪問看護ステーションで働くのであれば、大阪市住之江区に関して詳しくなっておくと良いでしょう。訪問看護はその名の通り利用者様のご自宅にお伺いするので、住之江区のエリアに詳しくなっておくことで交通アクセスにも詳しくなり訪問時間の短縮になり、患者とのコミュニケーションを円滑にします。お互い大好きな住之江区の話で盛り上がることも多々ありますので、看護師/理学療法士の皆様は転職をきっかけに大阪市住之江区マニアになることをお勧めします。

住之江区は、大阪市南西部に位置していて、大阪湾に面している区域です。大阪市24区の中で、1番広い面積を誇っているのがこの住之江区になります。 面積が広いという事はそれだけ、訪問範囲が広くなることを意味しています。特に大阪市内にある訪問看護ステーションであれば、大阪市を全て訪問範囲としている訪問看護ステーションが多い傾向があります。

住之江区の特徴は、海辺に隣接していながらアクセスが良好なこと。交通網は鉄道が大阪市交通局四つ橋線と中央線と南港ポートタウン線・南海電気鉄道南海本線・阪堺電気軌道阪堺線になります。バスも大阪市営バス・大阪シティバス・南海バス・北港観光バスが通っており、交通は非常に便利な区域です。

また、複合商業施設のアジア太平洋トレードセンター・インテックス大阪・クリエイティブセンター大阪をメインにイベントが開催されています。イベントは子ども向けのものや音楽フェスなど、多種多様です。アジア太平洋トレードセンターではショッピングを始め、グルメ・ファッションなどを楽しむことができます。

子育て中の親子に対して、しっかりとした子育て制度があるのも住之江区の特徴です。住之江区では、「子育て支援情報誌 わいわい」を毎月発行しており、親子で参加できるイベント情報などが記載されています。住之江区のホームページには、区域内の子育てサロンなどの情報が記載されているので、子どもがいる家庭には助かる情報ばかりです。

また「こども医療費助成制度」というものがあり、病院・診療所などで診療を受けた場合に、保険診療が適用された医療費及び訪問看護利用料の自己負担の一部を助成しています。住之江区では子どもや高齢者、妊婦さんに対してさまざまな医療給付制度があり、子育てや暮らしはしやすい環境です。

区内には、子ども園や保育園などの保育施設が現在約28ヶ所あります。小学校は14校、中学校は8校と、比較的数が多く、教育環境が整っています。子育て世代の看護師/理学療法士にとって教育環境は非常に重要かと思いますが、大阪市住之江区であれば問題なさそうです。

 

●大阪市住之江区の人口や面積/交通アクセスは

 

住之江区で訪問看護ステーションの求人を探すなら、住之江区の人口や面積がどれくらいなのか把握しておくといいでしょう。人口が多ければ、訪問看護ステーションを利用したい患者さんも多いことがわかり、地域の面積が大きければ、訪問エリアの予測ができるからです。とくに訪問看護ステーションを開設したいと考えている看護師/理学療法士にはマーケティングの意味合いでも非常に重要な指標となります。

人口は、現在約11万7千人となっており、大阪市では第9位です。北部は木津川に、南部は大和川に、西部は大阪湾に接しており、面積は20.68㎢と大阪市24区中で最大となっています。

そんな住之江区には、病院が4施設、外科系診療所が25箇所あります。しかし、大阪府の中心街に比べると特別多いというわけではないので、住之江区を居住地として利用し、訪問看護ステーションの求人がさらに多いエリアに働きに出るのも賢い選択でしょう。

実際に住之江区に移住した場合、電車での交通アクセスは便利なのか、どれくらいの時間でどこまで行けるのかが気になりますよね。住之江区は、交通の便の良さが住みやすさの最大のポイントです。地下鉄の大阪メトロ四つ橋線と中央線、南港ポートタウン線、私鉄の南海本線、路面電車の阪堺線と、走っている路線が複数あるので、周囲からのアクセス至便の立地です。

中でも、最もメジャーなのは住ノ江駅でしょう。住ノ江駅は、大阪メトロ四つ橋線と南港ポートタウン線が走る駅です。住ノ江駅の、2019年次の1日平均乗降人員は12,317人s。駅の近くにはカラオケやゲームセンターなどの娯楽施設があり、遊ぶのには困りません。

ここからは、そんな住ノ江駅から30分ほどで行ける駅をご紹介します。どれだけ楽に、早く目的地まで行けるのかは、引越し前にしっかりチェックしておきたいところですよね。住之江区で求人を探している看護師/理学療法士は、ぜひ通勤可能エリアの参考にしてみてくださいね。

1:住ノ江駅~大阪駅(南海高野線・JR大阪環状線/通勤時間約28分)
大阪府の中心的ターミナル・大阪駅までは、一度乗り換えて28分程度で行くことができます。大阪駅は、阪急梅田駅と阪神梅田駅の駅構内がつながっていて、使える路線も多いアクセス環境の良好な駅です。

2:住ノ江駅~南海難波駅(南海高野線/通勤時間約12分)
同じ南海高野線が走る南海難波駅までは、乗り換えなし12分ほどで行くことができます。難波周辺は、スーパーや複合商業施設が多く点在する、生活や仕事に便利なエリアです。

3:住ノ江駅~本町駅(南海本線・大阪メトロ御堂筋線/通勤時間約23分)
本町駅までは、一度乗り換えて、23分ほどで到着します。大阪を代表するビジネス街である本町。地下鉄御堂筋線、中央線、四つ橋線と3つの路線を利用することが可能で、梅田駅や大阪駅までも近く、週末に神戸や京都などに出かけるときにも便利です。

4:住ノ江駅~京橋駅(南海高野線・JR大阪環状線/通勤時間約31分)
京橋駅までは、一度乗り換えて31分ほどで行くことができます。京橋駅は、京阪電鉄のほかに、大阪の大動脈であるJR環状線、大阪を東西に貫く市営地下鉄・長堀鶴見緑地線が乗り入れ、毎日20万人以上の乗客が行き交う規模の大きな駅です。

5:住ノ江駅~天王寺駅(南海高野線・JR大阪環状線/通勤時間約15分)
梅田周辺の「キタ」、道頓堀・難波周辺の「ミナミ」につぐ大阪の繁華街・天王寺駅までは、一度乗り換えて15分ほどで行くことができます。

6:住ノ江駅~淀屋橋駅(南海高野線・大阪メトロ御堂筋線/通勤時間約25分)
淀屋橋は、中央区・北区にある大阪を代表するビジネス街です。大阪の2大繁華街であるキタ(梅田)とミナミ(難波・心斎橋)の間に位置している、都会的で洗練された街という雰囲気のエリアです。

大阪市住之江区にある角の駅は大阪府内にあるメジャーな駅へのアクセスが容易なため、看護師/理学療法士にとっては訪問看護ステーションの求人を探しやすい環境といえます。もしも大阪市住之江区で理想のステーションを見つけることができなくとも、 ほんの少し距離を広げるだけで選択肢が圧倒的に増えてきます。

 

●大阪市住之江区にある訪問看護ステーション数は?

 

 

大阪市住之江区で理想の訪問看護ステーションを見つけるときに大切な事は、いかに納得感を高めるかになります。 この納得感を高めるためには転職活動のスタートで住之江区の訪問看護ステーション市場しっかりと認識することです。冒頭にお伝えしましたが市場を知ると言う事は、飲食店で言うメニューになります。

住之江区にある訪問看護ステーション市場を理解していれば「ここ以外に選択肢がなかった。ここが自分の理想の訪問看護ステーションだ」と自信を持って転職先の意思決定をすることができるようになります。

市場を知らなければ転職活動をなかなか終わらせることができず、究極的には転職した後にも「こんなはずではなかった」と感じてしまい早期離職をしてしまい、再び転職活動する看護師/理学療法士が多いのも住之江区の特徴と言えるでしょう。

それでは実際に大阪市住之江区にはどれくらいの訪問看護ステーションがあるのか一覧から見てみましょう。大阪市住之江区にある訪問看護ステーション数は令和4年の段階で20ステーションになります。これは大阪市内で言えばやや少ないといえますが、心配する必要はありません。 なぜならば住之江区は大阪市内全てが求人探索エリアと言えるほど、別の区にアクセスすることが容易だからです。

そして大阪府は全国で1番の訪問看護ステーション数を誇ります。東京よりも多いのです!特に大阪市は445ステーションあるために、たとえ大阪市住之江区に理想とする求人がなかったとしても、ほんの少し距離を広げるだけで大阪市内全てが求人探索範囲と言えるのです。それでは実際にどのようなステーションがあるのか一覧から見てみましょう。

・医療法人讃和会 友愛訪問看護ステーション
・医療法人弘善会 訪問看護ステーションアロンティア住之江
・社会医療法人景岳会 南大阪訪問看護ステーション
・住之江区医師会立訪問看護ステーション
・社会医療法人三宝会 南港病院訪問看護ステーション
・マザーハウス訪問看護ステーション
・医療法人桂輝会かつらぎクリニック かつらぎ訪問看護ステーション
・わかリハビリ訪問看護ステーション
・訪問看護ステーションほがらか
・株式会社アップルスタッフサービス ケアーズ訪問看護ステーション住之江北
・訪問看護ステーション シンパシー24
・訪問看護ステーション デューン住之江
・医療法人中田内科 あんりゅう訪問看護ステーション
・株式会社 友里 訪問看護ステーション友里
・愛の手訪問看護ステーション
・訪問看護ステーション住之江
・ソレイユナーシング訪問看護ステーション
・住之江ヤマシン訪問看護ステーション
・かなえるリハビリ訪問看護ステーション住之江
・社会医療法人三宝会 訪問看護ステーションほほえみ

大阪市住之江区にある訪問看護ステーションは少ないといえども知らないステーションが多いとは感じませんか。つまりこれが市場を知ったと言うことになります。それではこの中から理想の訪問看護ステーションを見つけていきましょう。ステーションの名前を見て理想の訪問看護ステーションを見つけることができません。

それでは求人票があれば理想の訪問看護ステーションを見つかるのでしょうか。 ここが転職活動でよく落ちる失敗になるのですが、求人票を見るだけでは理想の訪問看護ステーションは見つかりません

 

●理想の訪問看護ステーションを選ぶための情報とは?

 

誤解のないように補足をしておきますが、転職活動において、求人票を見る事はとても大切なことになります。しかし求人票を見れば確かにお給料が高そうな求人や、お休みが多そうな求人を見つけることができますが、そこが理想の訪問看護ステーションかと言われればそれは異なります。

よくある失敗談として「 確かに求人票通りにお給料は高いけれども、1日の訪問件数が多く 勉強したい疾患を対応してなかった」などを感じてしまい、早期離職をしてしまい転職活動する看護師/理学療法士が多いのです。

なぜこのような失敗をしてしまうのかと言えば、しっかりと訪問看護ステーションの情報収集をしていないからです。 訪問看護ステーションは各ステーション特徴が想像以上に異なります。例えば1日の訪問件数、訪問エリア、訪問手段、オンコールの回数や有無、訪問看護で対象とする疾患、看護師の人数や年齢の構成比率、など大きく異なります

特に看護師の人数に関しては 自分自身のキャリアプランにも大きな影響与えてきます。理想とする働き方次第では働くべきステーションと、働かない方が良いステーションが明確に分かれるために、自分自身の思い描く理想の働き方と、理想の訪問看護ステーションをしっかりと精査する必要があります。

訪問看護ステーション 特有の情報収集に関しては、求人票では対応できません。ホームページなどで調べたいところですが、依然としてホームページを持っていない訪問看護ステーションが多いのも実情です。もちろんこれらの情報を転職活動している看護師/理学療法士が直接採用担当者に連絡をして聞くこともできますが、 現職を対応しながらこれらの情報収集をする事は現実的には難しいでしょう。

そんな時ほど訪問看護求人JOBSにご相談ください。訪問看護求人JOBSは 民間のハローワークと言われる訪問看護ステーション求人に特化した転職支援サービスになります。非公開求人だけではなくハローワークの求人も案内することも可能です。ここに合わせて実際に大阪市住之江区の訪問看護ステーションで働いている看護師から、リアルな情報を聞いているので転職活動中に気になる情報をお伝えすることも可能です。

履歴書対策や面接対策に至るまで厚生労働大臣の認可をもらっているサービスなので完全無料でサポートが可能です。

●面接は必ず複数受けましょう

 

市場を知ることで納得感が高まり、情報収集をすることでさらに納得感が高まれば、最後は比較をすることで納得感を最大化させましょう。つまり大阪市住之江区で理想の訪問看護ステーションを探すのであれば、面接は必ず複数受けるようにしてください。 というのも大阪市住之江区で転職活動している看護師/理学療法士には似た傾向があります。

それは面接を1つしか受けないと言うことです。1つしか面接を受けない方と、複数の面接を受けた方。どちらの方がより良い条件で働け、より理想とする訪問看護ステーションで働けるかと問われればこの答えは明確でしょう。

訪問看護求人JOBSを 利用している看護師/描く療法士は平均して3件の面接をしています。そして傾向としては当初1番気にいっていた求人よりも、比較のために面接に行った求人の方高い確率で気にいると言うことです。つまり面接をし訪問看護ステーションの雰囲気を知り、看護師の雰囲気をすることで、人間関係などがイメージしやすくなるのです。

これらの雰囲気を求人票が記載する事は不可能であり、いかに複数面接を受けることが重要であるかと言うことがわかります。比較をすることにより自分に合う訪問看護ステーションを見つけることができ、自ら選択することができるので納得感が 圧倒的に高まります

実際に一緒に働く看護師に会えるのは面接以外にはあり得ません。自分の目で見て自分の肌で感じることが面接にはとても大切です。実際に面接に行くと「この看護師達と一緒に働きたい。」と言うような素敵な出会いが多いのも事実です。もちろん逆のこともあり得ます。 複数面接に行く事はミスマッチにならないためにもとても大切なことです。

複数面接を受けるのであればそれだけ採用担当者に連絡をしたり、内定が出たときに複数内定が出れば、それだけ採用担当者にお断りの連絡をすると考えるととても気まずいと感じる方もいます。しかし訪問看護求人JOBSは 面接日程の調整はもちろん、複数の内定が出たときにはお断りに関しても保育士求人JOBSが対応します。

採用担当者に連絡することも、採用担当者から連絡が入ってしまうことも絶対にありません。安心してクス面接を受けるようにしてください。大阪市住之江区の看護師/理学療法士にとって、とても人気のエリアになります。

せっかく見つけた理想の訪問看護であれば内定が出るように最大限のサポートをしていきます。まずは気兼ねなくご相談ください。

その他のおすすめ記事