【横浜市青葉区/たまプラーザ駅エリア】の訪問看護ステーション一覧から理想求人を探す方法の徹底解説

●横浜市青葉区にある訪問看護ステーション働く

 

 

横浜市青葉区にある訪問看護ステーションで 働きたいと考えている看護師/医学療法士が増えてきています。自分が住み慣れた街だから、憧れていた街だから、様々な理由からエリアを限定して訪問看護ステーションの求人を探している方が増えてきているのです。訪問看護はライフサイクルに合わせた働き方ができることから、 最近人気になってきている働き方になります。

横浜市と言えば人口約378万人を誇り神奈川県最大の都市と言われています。横浜市と言われればイメージ的には高層ビルが立ち並ぶ印象ですが、横浜市青葉区は自然も豊かで都心部への交通アクセスも良いために 人気のエリアとなってきています。

そんな働きたい町である横浜市青葉区の訪問看護ステーション求人であれば簡単に見つかる印象ですが、思いのほか転職活動がうまくいかず頭を抱えている看護師/理学療法士も多いのです。その理由としては大きく2つあります。

1つは横浜市青葉区の訪問看護ステーション市場を知らないために求人に対して納得感が持てなくなることです。「横浜市青葉区なんだから、もっと求人があるはずだ」と妄信的に考えてしまい転職活動を終わらせることができないのです。もう一つは 訪問看護ステーションの情報収集ができないために自分にぴったり合う訪問看護ステーションがどこかわからなくなってしまい意思決定ができなくなることです。

今回は第二行の横浜市青葉区の特集をしましょう。横浜市青葉区の訪問看護ステーション市場や求人市場をお伝えしながら自分にぴったりの訪問看護ステーションを見つける方法をお伝えします。合わせて横浜市青葉区の魅力をたっぷりとお伝えしながら交通アクセスなどもお伝えしていくので、転職活動中の看護師/医学療法士ますぜひ参考にしてください。

 

 

●横浜市青葉区の魅力

 

 

横浜市青葉区にある訪問看護ステーションで働くのなら、横浜市青葉区に関して詳しくなることをお勧めします。なぜなら訪問看護に必要な能力としてコミニケーション能力を上げる方が多いのです。病気やリハビリに関するコミュニケーションであれば問題なくできるのですが、それ以外のコミュニケーションとなれば何を話せば良いのか分からなくなる看護師/理学療法士も少なくありません。

そんな時に役に立つのがお互いの地元の話です。 お互い大好きな横浜市青葉区に関する話であれば話が盛り上がること間違いありません。ここではそんな横浜市青葉区がどんなところなのかたっぷりお伝えしていきましょう。

横浜市青葉区は横浜市の北西部にあり、田園風景も見られる緑豊かな街で、ベッドタウンとしても人気のエリアです。平成6年の行政区再編成で、港北区や緑区の一部から誕生しました。そんな青葉区は、「こどもの国」をはじめとして公園が多いことでも有名です。公園の数は横浜市の中で最も多く、区内の公園の数は2019年11月時点で232箇所を記録しました。

お子さんのいる看護師/理学療法士の方にはもちろん、ペットを飼っている方や、ジョギングが趣味だという方にも魅力的なポイントだと言えるでしょう。緑が豊かなのは公園だけでなく、街路樹の多さも市内有数です。特に田園都市線「たまプラーザ駅」北口から続く桜並木は、春になると桜が満開になり、冬にはイルミネーションで彩られ、訪れる人を楽しませてくれます。

また、青葉区は市内で最も私立中学校への進学率が高く、教育に熱心なので習い事教室がたくさんあります。公園も多く、都心へのアクセスも抜群で、教育や育児のためにわざわざ横浜市青葉区へ引っ越す人も少なくありません。

横浜市および青葉区では、園の庭で遊べる「園庭開放」や「育児講座」「育児相談」など、地域の親子に向けた様々なサポートを行っています。子育て中だけでなく、出産予定の方も近くの市立保育園で行なっている育児支援サービスを受けることができます。

2022年10月1日時点で、青葉区の総人口は311,057人、世帯数は134,101世帯とされています(横浜市ホームページより)。横浜市18区の中で、青葉区では第2位の人口を誇ります。 人口が多いと言う事は傾向的に訪問看護ステーションのニーズが高いことを表しています。

 

●横浜市青葉区の電車でのアクセスは?

 

 

実際に青葉区に移住した場合、電車での交通アクセスは便利なのか、どれくらいの時間でどこまで行けるのかが気になりますよね。転職先候補の訪問看護ステーションまで通勤時間はどれくらいかかるのか、休日に息抜きするならどこまで遊びに行けるのかなどを知りたいはずです。

また訪問看護で働くと利用者様のご自宅に車で訪問するイメージもありますが、横浜市青葉区のような人口密集エリアでは車ではなく自転車であえて訪問するケースも少なくありません。今まで車の訪問ができないから訪問看護を諦めていた看護師/理学療法士も、電車での交通アクセスに詳しくなっておけば訪問看護に寄与する可能性もあるといえます。

青葉区には、横浜市営地下鉄ブルーライン、東急田園都市線、こどもの国線があり、アクセス環境が充実しています。特に横浜方面・渋谷方面へアクセスがしやすく、都内への通学・通勤者が横浜市内で最も多い地区です。

区内には、青葉台駅やあざみ野駅など便利な駅がたくさんありますが、メジャーな駅を一つ挙げるとしたら「たまプラーザ駅」でしょう。2019年には、たまプラーザ駅・たまプラーザ テラスが「第9回横浜・人・まち・デザイン賞」を受賞し話題を呼びました。それだけでなく、駅周辺の買い物環境も充実しており、ベッドタウンとしても人気を博しています。そんな田園都市線・たまプラーザ駅の1日の乗降者数は59,624人。田園都市園における乗降客数の多い駅ランキングでは、第8位にランクインしているほど利用者の多い駅です。

たまプラーザ以上に乗降客数が多い駅はたくさんありますが、田園都市線の混雑具合と言えばこれはテレビで取材になるほどです。電車での通勤の際は少し余裕を持って電車に乗ることをお勧めします。それではここからはそんなたまプラーザ駅から30分程度でアクセス可能な駅をご紹介していきましょう。

1:たまプラーザ駅~横浜駅(東急田園都市線・横浜地下鉄ブルーライン/通勤時間約35分)
2:たまプラーザ駅~川崎駅(東急田園都市線・JR南武線/通勤時間約37分)
3:たまプラーザ駅~武蔵小杉駅(東急田園都市線・JR南武線/通勤時間約24分)
4:たまプラーザ駅~渋谷駅(東急田園都市線/通勤時間約32分)
5:たまプラーザ駅~三軒茶屋駅(東急田園都市線/通勤時間約25分)
6:たまプラーザ駅~自由が丘駅(東急田園都市線・東急大井町線/通勤時間約23分)

たまプラーザ駅を利用すれば横浜駅にも渋谷駅にも約30分で到着することができます。しかし気をつけなければならないのは朝の混雑になります。田園都市線は人気路線ゆえに各駅で乗降客数が多い稀有な路線と言えるでしょう。

数字通り30分で到着すると思うと思いのほか時間がかかってしまうことも少なくありません。また横浜市と渋谷区のちょうど中間にあるたまプラーザ駅になるので、どちらに行くにも極端に近いと言うわけではありません。ただし近隣の駅には鷺沼や溝の口、あざみ野や青葉台など保育園が多い駅も満載なので、もしも たまプラーザ駅エリアで理想の求人が見つからなければ、ほんの少し通勤距離を広げるだけで転職活動の選択肢となる保育園の数は圧倒的に増えるでしょう。

 

 

●横浜市青葉区にある訪問看護ステーション数は

 

 

 

転職活動で大切な事は納得感を高めることです。その納得感を高めるためにはまず横浜市青葉区にどれくらい訪問看護ステーションがあるのかを知るところからスタートになります。例えばこんな質問をしてみましょう。

横浜市青葉区で3件の訪問看護ステーション求人がありました。この求人の数は多いか少ないかどちらでしょうか。 この質問に答える事は困難でしょう。なぜなら分母次第で求人の数が多いか少ないか変わるからです。もしも横浜市青葉区に3件の訪問看護ステーションしかなければ求人の数は多いといえます。しかしもしも横浜市に30件の 訪問看護ステーションがあれば求人の数としては少し物足りないと感じるでしょう。

つまり求人の数が多いか少ないかを判断するためには、横浜市青葉区の訪問看護ステーションを知る必要があるのです。これらの情報を知らなければ「横浜市青葉区なんだから他にももっと求人があるはずだ」と考えてしまうのも無理は無い話です。それでは横浜市青葉区にはどれくらい訪問看護ステーションがあるのか一覧から見ていきましょう。

横浜市青葉区にある訪問看護ステーション数は令和4年の段階で29ステーションあります。この数は横浜市にある別の区と比較しても非常に多い数といえます。また利便性を考えれば横浜市全てが求人探索範囲と言えるために、看護師/理学療法士にとってみれば理想の訪問看護ステーションを見つけやすい環境と言えるでしょう。 それではどのような訪問看護ステーションがあるのか実際に見てみましょう。

青葉区医師会 訪問看護ステーション
訪問看護ステーションあざみ野ヒルトップ
ロイヤルあざみ野訪問看護ステーション
エアヌイ在宅サービスステーション
アミカ横浜訪問看護ステーション
訪問看護あさひ たまプラーザ
田園都市訪問看護・リハビリステーション
訪問看護ステーションCOCOスマイルあざみ野
ここから訪問看護リハビリケアあざみ野
医療法人社団晃進会訪問看護ステーションよろこび
訪問看護ファミリー・ホスピス江田
医療法人社団 明芳会 江田訪問看護ステーション
リハラボ Bay Walking 青葉 訪問看護
訪問看護ステーション プラチナ・ヴィラ青葉台
医療法人社団緑成会 よこはま総合訪問看護ステーション
訪問看護リハビリステーション青葉の大地
青葉リハ訪問看護ステーション
医療法人社団 一成会 たちばな台訪問看護ステーション
つながり訪問看護ステーション青葉
はまリハ訪問看護リハビリステーション青葉
ゆい藤が丘訪問看護ステーション
神奈川リハビリ訪問看護ステーションあおば
青葉訪問看護ステーション
訪問看護ステーション芍薬 青葉
IRIE LIFE 訪問看護ステーション
ライフウェル訪問看護リハビリステーション青葉台
ベア・オリーブ訪問看護ステーション
ネクサスコート青葉台 訪問看護ステーション
訪問看護ステーション リハ・オリビエ

こちらに記載してあるのが横浜市青葉区にあるすべての訪問看護ステーションになります。つまり選択肢としてはまずこちらに記載してある29ステーションが最大の数と言うことを理解しなければいけません。もしもこの中に理想とする訪問看護ステーションがなければ、エリアを広げると言う選択を エビデンスをもとに取ることができます。

それではこの中から理想の訪問看護ステーションを探していきましょう。名前を見ても理想の訪問看護ステーションは分かりません。それでは求人票があれば理想の訪問看護ステーションが見つかるのでしょうか。これこそが転職活動している看護師/理学療法士が落ちる落とし穴になるのですが、求人票があったとしても理想の訪問看護ステーションを見つけることができません。それは何故なのでしょうか。

 

 

●情報収集をしないと早期離職につながります

 

 

求人票には転職をする上で大切な情報が満載です。お給料やお休み、勤務時間など気になる情報がたくさん記載されているでしょう。しかし理想の訪問看護ステーションを見つけるにはこれだけでは不十分です。なぜならば訪問看護ステーションは各ステーション特徴が大きく異なるからです。細かく言えばキリがないのですがどのように特徴が異なるのかお伝えしていきましょう。

例えば訪問件数も各ステーションにより異なります。 つまりお給料が高いと思って働き始めても1日の訪問件数が他よりも多いだけのケースがあります。これは訪問1件あたりの単価で見てしまえば、他のステーションよりも安くなってしまうことを意味しています。つまりお給料が高いからといっても、訪問件数が多いだけで実は訪問単価で見ればお給料は高くならないことも意味しています。

そしてオンコールの有無や回数に関しても異なります。そしてオンコールの体制に関しても各ステーションにより異なります。これらのことを知らずに働き始めてしまえば、予想以上にオンコールの回数が多かったと感じ、希望とする働き方ではないと感じてしまう時もあるでしょう。またオンコールに関しては一次受けをしてくれるステーションもあります。ですのでオンコールの回数が多かったとしても実際には出動することはほとんどなく、連絡がかかってくることさえも少ないステーションがたくさんあります

一番気にしなければいけないのはステーションで対応している疾患になります。訪問看護ステーションはどこで働いても同じ疾患を扱うわけではありません。ステーションが得意としている疾患や、対応できない疾患が各ステーションにより分かれています。自分自身が勉強したいと思う疾患や、対応したいと思っていた疾患を対応していない可能性もあります。これらのことを知らずに働き始めてしまえば「思っていた訪問看護ができない」と感じてしまったり「訪問看護って思っていたよりも面白くない」と感じてしまうことも少なくありません

このように訪問看護は求人票には記載していない大切なことがたくさんあります。これらのことを知らず働き始めてしまえば「確かにお給料は良いけれども理想とする訪問看護ではない」と感じてしまい早期離職をして、再び転職活動する看護師/理学療法士も少なくありません。ではどのように訪問看護ステーションの情報収集をすれば良いのでしょうか。

これらの情報がホームページなので積極的に情報配信されていれば良いのですが、現場ではホームページを持っている訪問看護ステーションはまだ少ないといえます。 もちろん気になる情報を直接連絡をして情報収集する方法もありますが、現職を対応しながら営業時間内に連絡をかけ情報収集する事は現実的には非常に難しいと言えるでしょう。

そんなときほど訪問看護求人JOBSにご相談ください。訪問看護求人JOBSは民間のハローワークと言われる日本でもレアな訪問看護ステーション求人特化の転職支援サービスになります。厚生労働大臣認可のサービスになるので非公開求人だけではなく、全国のハローワーク求人を取り扱っています。

情報収集に関しても実際に横浜市青葉区の訪問看護ステーションで働いている看護師から聞いたリアルなステーションの情報を取り扱っています。また求人をいただく際に採用担当者や、現場の担当者、室長から採用背景や、今の課題や、ステーションの強みなど、横浜市青葉区で転職活動中の看護師/理学療法士が気になる情報を事前に確認しています。

 

●面接は複数が鉄則

 

 

転職活動が失敗している看護師/理学療法士には1つ同じ特徴があります。それは面接を1つしか受けないことです。確かに面接を受ける事は面倒かもしれません。しかし転職活動で大切な事は、比較をすることです。つまり面接は必ず複数受けるようにしましょう。

訪問看護求人JOBSを利用している看護師/理学療法士は平均して3件以上の面接をしています。そして3件面接をすると同じような傾向があります。その傾向は当初1番気にいっていた求人よりも、比較のために見に行った訪問看護ステーションの方を気に入り、そこで働く看護師理学療法士が非常に多いといえます。

つまり実際に面接に行き比較をすることで求人票では記載のできない雰囲気を感じ取ることができます。言い換えるのであれば人間関係をイメージすることができるようになると言えるでしょう。面接を複数ければ「ここの訪問看護ステーションで働きたい」と感じたり「この看護師たちと一緒に働きたい」と感じることができるのです。

そして逆に大切なこととしては「確かに求人内容は魅力的だったけれど、この訪問看護ステーションは自分がやりたいことができない」と感じることができるのも面接では大切なことになります。 転職活動で大切な事は自分自身の転職の理由となったことを叶えてくれる訪問看護ステーションを見つけることです。

しかし複数面接を受けるとなると採用担当者とのやりとりが億劫だと感じませんか。しかし安心してください。訪問看護求人JOBSは 求人の案内だけではなく、面接日程の調整も私たち訪問看護求人JOBSが対応します。そして複数面接を受けて内定が複数出たときには、お断りに関しても私たち訪問看護求人JOBSが対応します。つまり安心して複数面接を受け訪問看護ステーションを比較することができるのです。

横浜市青葉区は 看護師/理学療法士にとってとても人気のエリアになります。つまり採用ハードルが高く不合格になってしまう可能性も高いといえます。このような経験をしないためにも、過去の面接実績から、採用担当者は誰なのか、どのような質問をするのかなどアドバイスすることができるので、1人で面接を受けるよりも圧倒的に合格率が高まります。

横浜市青葉区で理想の訪問看護ステーションを探しているなら、まずは気兼ねなく訪問看護求人JOBSにご相談ください。

 

その他のおすすめ記事