【横浜市保土ヶ谷区】の訪問看護ステーション一覧から理想求人を探す方法の徹底解説

●横浜市保土ケ谷区で働く魅力って?

 

 

地域医療に貢献したいと言う思いから、自分が住み慣れた街や、憧れていた街で求人を探している看護師/理学療法士が増えてきています。 自分が持っている資格を生かして地域を限定して求人を探すことができるのは、看護師/理学療法士ならではの働き方でしょう。自分が働きたいエリアで働くことができれば、日々の業務のモチベーションも上がることは間違いありません。今回は最近問い合わせの多い横浜市保土ヶ谷区に関してお話ししていきましょう。

横浜市保土ケ谷区は、横浜市の中央部に位置するエリアで、神奈川区、西区、南区、 戸塚区、旭区、緑区と6つの区に隣接しています。JR横須賀線の保土ケ谷駅から横浜駅までは一駅と便利で、駅から離れると静かな住宅街になるので一人暮らしでも家族連れでも住みやすい街です。

そんな横浜市保土ヶ谷区で求人を探していると、思いのほか転職活動がうまくいかずに頭を抱えている看護師/理学療法士も多いのです。自分が働きたい街であればすぐに求人も見つかりそうなのですが、なぜこのような状態になってしまうのでしょう。 それは大きく2つの失敗があるからです。

1つは横浜市保土ヶ谷区にある 訪問看護ステーション数を知らないために他にも求人はあるだろうと思い込んでしまうため、求人の数に納得感を持つことができないことです。もう一つ横浜市保土ヶ谷区にある訪問看護ステーションの情報収集をすることができないために、どこが自分にぴったり合う訪問看護ステーションなのかわからないためです。

今回はそんな横浜市保土ヶ谷区で理想の訪問看護ステーション求人を探している看護師/理学療法士のために、訪問看護ステーション市場や求人の市場の話をしながら理想の訪問看護ステーションを見つける方法をお伝えします。また患者とのコミニケーションに生かせる横浜市保土ヶ谷区の特徴や、人口や交通アクセスに関してもお伝えしていくので転職活動中の看護師/理学療法士はぜひ参考にしてください。

 

 

 

●横浜市保土ケ谷区の魅力

 

 

横浜市保土ヶ谷区にある訪問看護ステーションで働くのであれば、エリアに関して詳しくなることをお勧めします。なぜなら訪問看護ステーションで働く事はコミニケーション能力が必要になるからです。病気やリハビリに関することであればすぐに答えられますが、それ以外のこととなる少しコミニケーションが苦手だと感じる看護師/理学療法士もいるでしょう。

そんな時に役に立つのか地元の話です。お互い大好きな横浜市保土ヶ谷区に関して話していけば、思いのほか話に花が咲くことも多々あります。 また最近では訪問看護ステーションで独立したい看護師/理学療法士も増えてきているので、人口や面積、交通アクセスなどに詳しくなっておけば経営に必要なマーケティングの通じとしても役に立つことでしょう。

横浜市保土ケ谷区は、宿場町として栄えた歴史のある街で、市内で最初の区として誕生した場所でもあります。そんな保土ケ谷区は、横浜など都会へのアクセスが良い環境にありながら、自然豊かで暮らしやすい街です。

例えば、横浜駅から1時間以内で行ける、渓谷のある「陣ヶ下渓谷公園」。。園内をめぐる遊歩道を歩きながら、森林と渓流の美しい景色が楽しめます。2004年に公園として整備され、その敷地は約3.5ヘクタールと広大。電車やバスを使って気軽に行ける、大都会・横浜からほど近い貴重な大自然です。ほかにも、高校野球神奈川大会の決勝が行われる球場がある「保土ケ谷公園」、隣に植物園もある「横浜市児童遊園地」などがあります。

どもも大人も羽根を伸ばし、癒される環境が整っているエリアになるので 子育て世代の看護師/理学療法士にもオススメのエリアときます。自然が豊かな一方、アクセス環境も良く、仕事や学校で都心へ通う方たちのベッドタウンとしても人気の保土ケ谷区。JR横須賀線は、特に品川方面へのアクセスが便利で、保土ケ谷駅から品川駅までの所要時間は約30分です。保土ケ谷駅から湘南新宿ラインも出ているため、新宿方面にも行きやすいのがこのエリアの魅力です。

区内の駅周辺には、落ち着いた治安のいい住宅街が広がっていて、ファミリー層も多く住んでいます。駅周辺にはスーパーやコンビニ、飲食店などがひと通りあり、日常生活に困ることはありません。そして、近隣の横浜駅には大型の商業施設や娯楽施設がたくさんあるので、大抵の買い物には不自由しません。子育て世代にも人気のエリアであるため、仕事や育児で疲れを溜めている人が多いことが予想され、整骨院や整体院のニーズの高さが期待できます。

そんな保土ケ谷区内には、保育施設が約56ヶ所、幼稚園・認定こども園が16園、小学校が20校、中学校が8校、高等学校が5校あります。区には、様々な子育て支援制度があります。例えば保土ケ谷区には、子どもたちが地域の伝統や特色を活かして様々な行事をおこなう「子ども会」があります。バザーや子ども大会、ジュニアリーダー養成研修会などでは、子ども会同士の交流も活発に行われます。学年を超えて交流できるので、先輩から学んだり、はたまた後輩をサポートしたりする力が身につき、親としても安心でしょう。

2022年5月11日時点で、保土ケ谷区の総人口は206,963人、世帯数は99,744世帯とされています(横浜市ホームページより)。人口の多い横浜市18区の中で、保土ケ谷区は第9位を誇っています。面積は21.93㎢で、1㎢あたりの人口密度は9,437人です。横浜市で見ると、人口も面積も平均的なエリアだといえます。

 

●保土ケ谷区の電車でのアクセスは?

 

 

訪問看護で働くと考えると、その名の通り利用者の自宅へ車でアクセスすることを思い浮かべるでしょう。しかし横浜市のように人口が密集しているエリアに関しては、電動自転車で訪問するケースも多少ですがあります。車の免許がないと言う理由で訪問看護ステーションで働くことを諦めていた看護師/理学療法士も、 自転車での訪問可能な求人があるか気兼ねなくご相談ください

横浜市保土ヶ谷区で求人を探していれば、どこから通勤することができるのか、もしも保土ヶ谷区に移送の求人がなければどこまで通勤することができるか気になるところでしょう。休日の息抜きするのであればどこまで遊びに行けるのかも気になるところですよね。

保土ケ谷区には、JR横須賀線/JR湘南新宿ライン、相鉄線の2路線、7駅の鉄道駅があります。その中で最もメジャーな駅は、保土ケ谷駅でしょう。JR横須賀線・湘南新宿ラインの2路線が通り、2021年度の1日平均乗降人員は26,250人になります。

電車のほか、駅前のバスターミナルからは、横浜市営バス・相鉄バス・神奈川中央交通の3路線のバスが発着します。また、新宿駅・東京駅・横浜駅から出ている深夜急行バスは、保土ケ谷駅を経由するため、終電を逃してしまったときも安心です。

ここからは、そんな保土ケ谷駅から電車で、30分ほどで行ける駅をご紹介します。出勤にしろお出かけにしろ、電車での移動は必要不可欠なのでアクセスはしっかりチェックしておきたいですよね。保土ケ谷区で求人を探している看護師/理学療法士は、ぜひ通勤可能エリアの参考にしてみてくださいね。

1:保土ケ谷駅~横浜駅(JR横須賀線/通勤時間約3分)
人口370万人を超える大都市・横浜は、観光やショッピングだけでなく、居住にも人気の駅です。JR・京急・東急・相鉄と複数の公共交通機関を有し、都内からも、神奈川県のあらゆる駅からもアクセス環境が充実しています。

2:保土ケ谷駅~鎌倉駅(JR横須賀線/通勤時間約22分)
観光地として大人気の鎌倉駅までは、直通22分程度で行くことができます。

3:保土ケ谷駅~武蔵小杉駅(JR横須賀線/通勤時間約16分)
路線が多く、どこへ行くにもアクセスの良い武蔵小杉駅までは、直通16分程度で行くことができます。

4:保土ケ谷駅~新宿駅(JR湘南新宿ライン/通勤時間約39分)
新宿は、日本で一番乗降者数が多い駅です。東京都庁などの高層ビルが立ち並ぶオフィス街でもあり、東洋一と呼ばれる歓楽街「歌舞伎町」もあります。

5:保土ケ谷駅~渋谷駅(JR湘南新宿ライン/通勤時間約34分)
渋谷駅までは、直通34分程度で行くことができます。渋谷駅の乗降客数は1日約324万人で、世界2位の規模を誇ります。

6:保土ケ谷駅~品川駅(JR横須賀線/通勤時間約26分)
新幹線の駅がある品川までは、乗り換えなく約26分で行くことができます。品川駅には、JR山手線・京浜東北線・横須賀線・東海道線・京浜急行電鉄の5路線が乗り入れており、ビジネスマンの街として知られています。

保土ヶ谷駅は横浜駅まで3分で到着することができます。人が集まるエリアには訪問看護ステーション数も多くなり、比例して求人の数も増える傾向があります。保土ヶ谷駅は利便性の高さが売りと言っても良いでしょう。横浜駅だけではなく武蔵小杉駅や渋谷駅、品川駅まで 30分程度でアクセスすることができるのは転職活動にとって非常に有利なエリアと言えるでしょう。

もしも横浜市保土ヶ谷区子理想の訪問看護ステーションを見つけることができなければ、ほんの少し通勤距離を広げるだけで、転職活動の対象となる求人の数が圧倒的に増えるでしょう。 距離が伸びるほどに日々の通勤は確かに大変になりますが、理想の訪問看護ステーションを見つけると考えたときには通勤時間を回すこともとても大切な変数になります。

 

 

 

●横浜市保土ヶ谷区にある訪問看護ステーション数は?

 

 

横浜市保土ヶ谷区で訪問看護ステーションの求人を探すのであれば、まずは横浜市保土ヶ谷区にどれぐらい訪問看護ステーションがあるのか知るところからスタートです。 母数を知ることがそんなに大切だと思うかもしれませんが、転職活動の納得感を高めるためには横浜市保土ヶ谷区の市場を知る事はとても大切なことです。例えばこんな質問をしてみましょう。

横浜市保土ヶ谷区に3件の求人がありました。この求人数が多いか少ないかどちらでしょうか。

3件の求人と聞けば印象的には少ないと感じるでしょう。しかしこの数が多いか少ないかを判断することができません。なぜなら保土ヶ谷区にある訪問看護ステーション数次第では多い人も少ないとも言えるからです。もしも横浜市保土ヶ谷区に散見の訪問看護ステーションしかなければ、求人の数が多いといえます。しかしもしも50件訪問看護ステーションがあるのであれば、求人の数としては物足りないと感じるでしょう。

このように求人の数が変わらなくてもボスが違うだけで転職活動のなんとかさんが変わってしまうのです。「保土ヶ谷区であれば他にも求人があるはずだ」と考えたい気持ちもありますが、そもそも訪問看護ステーションがどれだけあるのかを知ればこの気持ちが生まれずに、納得感を持って別のエリアで求人を探すことを検討できるからです。それでは実際に横浜市保土ヶ谷区にはどれくらい訪問看護ステーションがあるのか一覧から見てみましょう。

令和4年の段階で横浜市保土ヶ谷区にある訪問看護ステーションさんは10ステーションになります。 この数は横浜市で考えるとやや物足りない数字と言えるでしょう。横浜市保土ヶ谷区で求人を探すのであれば最大でも10ステーションしかないことを意味しているので、理想の求人が見つからなければ別のエリアを探す必要があるといえます。それでは実際にどのようなステーションがあるのか一覧から見てみましょう。

保土ケ谷区医師会訪問看護ステーション
あおぞら・てらん訪問看護ステーション
せいれい訪問看護ステーション横浜
ライフモア訪問看護ステーション
みんなの訪問看護リハビリステーション
独立行政法人地域医療機能推進機構 横浜保土ケ谷中央病院付属訪問看護ステーション
はる訪問看護ステーション
訪問看護リハビリステーション豊穣の大地
訪問看護ステーション デューン横浜
あっぷる保土ヶ谷訪問看護ステーション

横浜市保土ヶ谷区には訪問看護ステーションが少ないと言えど、知らないステーションが多いと感じませんか。これこそまさに市場を知る重要性ともいえます。それでは早速この中から理想の訪問看護を見つけていきましょう。もしもこの中で見つからなければ他のエリアから求人を探せば良いだけです。保土ヶ谷区は 横浜駅にアクセスすることが容易のために、たとえ保土ヶ谷区で理想の求人が見つからなかったとしても落ち込む必要はありません。

 

 

 

●理想の訪問看護ステーションを見つける方法

 

 

理想の訪問看護ステーションを見つけるために求人票をイメージする看護師/理学療法士も多いのですが、これこそまさに転職失敗するの落とし穴といえます。なぜなら求人票を見ても理想の訪問看護ステーションを見つけることができないからです。確かに求人票は転職活動において大切な情報が満載です。お給料やお休み、勤務時間等、転職活動している看護師が気になる情報が満載です。

しかし理想の訪問看護ステーションを見つけるのであれば、しっかりとステーションの特徴を認識し自分がやりたい訪問看護とフィットしているかを理解する必要があります

例えばお給料の話をしていきましょう。求人票に書いてあるお給料をもとに面接に行ったとしても、実際に正しいお給料が出るのは面接をして内定をもらった後になります。お給料は沢ステーショ 算出方法が決まっており、年齢や経験、過去の職位などによって算出方法が変わります。面接を受けた後に思ったよりも 提示されたお給料が少なかった経験は誰しもあるのではないでしょうか。

また訪問看護ステーションは1日の訪問件数が各ステーションより異なります。お給料が高いからといっても1日の訪問件数が多いだけの可能性があります。実際に働き始めてみたらサービス残業が多く、今までよりも家に帰る時間が遅くなってしまったと聞くケースも少なくありません。また訪問エリアや訪問手段も異なるので、1日の勤務時間が記載されていたとしても、リアルな勤務時間に関しては異なるケースも少なくありません。

そして看護師の人数や看護師の年齢構成比率も異なるために、訪問看護ステーションの雰囲気も大きく異なります。看護師の人数は 働き方やキャリアプランに大きな影響与えてきます。看護師が多いことも少ないことも、ともにメリットデメリットがある話です。これらを理解せずに働き始めてしまえば「思った働き方ができない」と感じてしまい早期離職をし、再び転職活動する看護師/理学療法士も少なくありません。

特に気にしなければいけないのはステーションで対応している疾患です。訪問看護はどこのステーションで働いても同じ 疾患を対応しているわけではありません。 例えば精神疾患を専門でやっている訪問看護ステーションもあれば、一切対応しない訪問看護ステーションも多いのです。細かく言えばキリがありませんがステーションによっては「自分が勉強したい疾患」や「自分が対応したい疾患」対応していない可能性も十分にあります

これらを知らずに働き始めてしまえば「訪問看護って思ったよりも面白くない」と感じてしまうケースがあるのも否定できません。これらが起きてしまうのは情報収集がしっかりできていないからです。 これらの求人票には書かれていない情報ホームページなどで検索することができれば良いのですが、依然として積極的にホームページで情報発信しているステーションはまだ少ないといえます。

電話でステーションに直接確認する方法もありますが、現職を対応しながらステーションの営業時間内に電話をして情報収集をする事は現実的には難しいでしょう。

 

●効率的な情報収集の方法

 

 

横浜市保土ヶ谷区で訪問看護ステーションの情報収集をするときどうすれば良いのでしょうか。こんな時ほど訪問看護求人JOBSにご相談ください。訪問看護求人JOBSは民間のハローワークと言われる、日本でもかなり珍しい訪問看護ステーション求人特化の転職支援サービスになります。厚生労働大臣の認可をもらっているので非公開求人だけではなくハローワークの求人も取り扱っています。

つまり全国の訪問看護ステーションの基礎情報を全て蓄積していると言うことです。そして情報収集に関しては 実際に訪問看護ステーションで働いている看護師/理学療法士から聞いた リアルなステーションの情報を持っています。

もちろん訪問看護ステーションの採用担当者や、現場の看護師/理学療法士、室長に インタビューをしているので、求人票では書かれていない採用背景や、現場の課題、一緒に働きたい看護師/理学療法士の雰囲気など伺っているので、横浜市保土ヶ谷区で求人を探している看護師/理学療法士が気になる情報満載です。

特に面接の情報に関しては とても喜ばれています。過去の面接実績から、面接官は誰なのか、どんな質問をしてくるのかなどをアドバイスすることができるので1人で面接を受けに行くよりも、圧倒的に合格率が高まります。

訪問看護求人JOBSは 厚生労働大臣の認可をもらっているので、求人の案内だけではなく、訪問看護ステーションに関わるリアルな情報を伝えること、面接日程の調整や、履歴書対策、面接対策に至るまで完全無料でサポートしています。訪問看護求人JOBSを 利用している看護師/理学療法士は平均して3つ以上の面接を受けて、比較をしながら自分の目でも情報収集をしています。

転職活動で大切な事は納得感であり、この納得感を高めるためにはやはり複数面接をかけることをお勧めしています。面接を受けるからこそここの訪問看護ステーションで働きたいと言う気持ちが生まれてくるのです。求人票だけを見て転職活動してしまえば「確かに求人内容は良いけれども、自分と雰囲気が合わない」と感じてしまうケースもあります。

このような状態にならないためにも面接を複数受けていただきながら、今まで蓄積したリアルな情報を伝えることで看護師/理学療法士が転職活動を成功するように導いていきます。

横浜市保土ヶ谷区で訪問看護ステーションの求人を探しているなら、まずは気兼ねなく訪問看護求人JOBSにご相談ください。

その他のおすすめ記事